Information of the early music

HOME > Workshop > 歌と通奏低音のためのマスタークラスAMAIG

歌と通奏低音のためのマスタークラス

17・18世紀イタリアの声楽作品の演奏法、
特にレチタール・カンタンド様式とレチタティーヴォに注目して、
声楽と通奏低音の両面から分析していきます。

講師:櫻田 亮(テノール)/桑形 亜樹子(チェンバロ)
日時:2013年7月21日(日)17:00~21:00
会場:Studio Trianon(東京都文京区湯島2-14-3)

受講対象者:音楽大学在学生、卒業生、及び同等の実力を有する声楽家、通奏低音奏者。(チェンバロ 以外の楽器も可、会場にはチェンバロのみ設置)
受講対象曲:17・18世紀イタリアの単声の声楽作品で、イタリア語で歌唱されるもの。(レチタール・カンタンド様式で書かれたもの、レチタティーヴォ付きのオペラ・アリアなどが望ましい)

定員(レッスン時間):デュオ参加3組6名(1組1時間) ソロ参加2名(1人45分)
聴講10名
*デュオ参加は声楽と通奏低音奏者の組として受講。ソロ参加は声楽あるいは通奏低音奏者1名での受講。 声楽のソロ参加の場合、伴奏はチェンバロ講師桑形 亜樹子が、通奏低音のソロ参加の場合、声楽パートは声楽講師櫻田亮が演奏します。

受講料(一般):デュオ参加1組 18.000円
ソロ参加1人12.000円
(AMAIG会員):デュオ参加1組 15.000円
ソロ参加1人10.000円
聴講料:(一般)3,000円 (AMAIG会員)2.000円
受講申込締切り:2013年7月7日(日)

その他:*受講及び聴講申込の方は、メールにてお申込み下さい。
 *受講の方は、希望曲を第3希望まで提出して下さい。受講曲の重複を避け
るため、調整のうえ当日の受講曲を1曲指定致します。受講曲決定後、受講曲のコピーを3部事務局へ提出して下さい。
*受講者は、原則として他のレッスンも聴講です。予定を調整してご参加下さい。
*チェンバロのピッチ・調律法は、受講者決定後に相談に応じますが、ご希望に添えない場合もありますので、予めご了承下さい。

問合せ:日本イタリア古楽協会 m_a_italiana@yahoo.co.jp